042-400-5123




◆施術内容について

・鍼灸
 
・按摩マッサージ  指圧
 
・整体


◆治療院の正しい
  かかり方
  
・治す
 
・整える
 
・癒す


◆  当 院 の 施 術 内 容 に つ い て  ◆


鍼 灸(はりきゅう)

                        
       日本では昔から、鍼(はり)やお灸に
よって自らの治る力を高めることによって病を治して
きました。いわゆる
自然治癒力と呼ばれる力は全ての
人に備わっていて、それをうまく働くようにしてあげ
れば、安全で効果的な結果が得られるのです。当院で
使用する
鍼は髪の毛ほどの細さのディスポーザブル
(使い捨て)鍼ですので殆ど鍼の痛みを感じることはあ
りません。    またお灸も上の写真のように、鍼の上にもぐさを載せる
灸頭
と呼ばれるもので、じんわり暖かくなる気持ちいいお灸です。なかなか治
らない疾患や、つらい症状でお悩みの方は是非鍼灸治療を試されることをお勧
めします.。    


  人の体の筋肉は大きく分けると二つの層に分かれていて、ひとつは表層にあ
アウターマッスル、もうひとつは深層にあり骨にへばりついているインナ
ーマッスル
です。体を動かすのは主に表層の筋肉が役割を担い、スポーツ等で
疲れが溜まったりするのはこの層です。一方ずっと立っていたり、パソコンの
前にじっと座っていたり、体を動かさないようにずっと踏ん張って骨を支えて
いるのがインナーマッスルです。筋肉のコリは実は以外に深いところにあるの
です。

 筋肉を的確に捉えたマッサージも凝りには有効ですが、より体の深い所までア
プローチできる鍼灸は、
頑固な肩凝りや慢性の腰痛にはとても効果的なのです。

按摩(あんま)・マッサージ・指圧

                              肩が凝ってつらい、なかなか疲れが取れない、腰が慢性的に重たい…という方。マッサージ経絡に沿った指圧で全身の代謝や循環を改善することでとても楽になります。また「ストレスは万病の元」ともいわれ、マッサージで体が楽になるとつらかった症状も和らぎ、ひいては病気の予防にもなるのです。                          首・肩を重点的に全身マッサージ30分や、肩も腰もとにかく全身みっちり60分など、症状に合わせて是非試してみてはいかがでしょうか。

 最近巷に「接(整)骨院」の看板や、「中国整体」「カイロプラクティック」「リフレクソロジー」等の看板が増えてきましたが、いずれもマッサージ施術を謳って営業しているようです。ただマッサージ施術ができるのは『按摩・マッサージ・指圧師』の国家資格を取得し、保健所に届出・登録した者のみと法律で定められています。
 骨折・打撲・捻挫等いわゆるケガを治す接(整)骨院の『柔道整復師』や、人の体に鍼やお灸をすることができる『鍼灸師』は国家資格ですが、マッサージ施術をする資格ではありません。  また「整体師」や「カイロ…」「リフレ…」等はそもそも公的な資格ではないので、人の体に作用を及ぼす行為そのものが違法です。
 たとえばタクシーでお客さんを乗せて営業しようと思ったら第二種運転免許を取得しないとできません。普通免許を持っていていくら運転が上手くても、お客さんを乗せた営業運転はできないのです。ましてや運転免許もないドライバーの車に自分の身を委ねることができますか!?
 安易にマッサージを受けて怪我などしないよう、資格の有無をしっかり確認しましょう。

 
整 体

                         長年の習慣となった体のクセ悪い姿勢を続けることで、人の体はどんどん歪んでいきます。その歪みが筋肉や関節等に偏った負荷をかけ、ひいては体の様々な症状に影響していることが多々あるのです。  整体とは文字通り、体の歪みを整えることで全身のバランスを調整し、内蔵の調子も整い、体全体の循環も次第に良くなっていきます。   
 当院では体の歪みがある場合、ブロックやマット等で正しい位置に矯正しながら、マッサージ等の他の施術と併用して行っていきます。いわゆるポキポキ鳴らす施術は行っておりません。 
                                     ※急激な回転伸展操作を加えるスラスト法は、患者の身体に損傷を加え  
         る危険が大きいため、こうした危険の高い行為は禁止する 
                             ― 厚生労働省通知(医事第五八号) ―    


      


◆ 鍼灸マッサージ治療院の正しいかかり方 ◆


――様々な病を治療するため
 
 治療院の第一の目的はもちろん病気を治すことです。
 ただし西洋医学と違い、原因がわからなかったり、治療法が確立されていない病気でも対応できるという点で、東洋医学は大きな可能性を秘めているといえるでしょう。
 感染症や外科的なケガ以外、大抵の病気に対応しており、痛みを取り除く、免疫力を高める、回復を早める、など体が治っていく基本的なプロセスを鍼灸の力で補っていきます。
 なお急性の症状は一回の治療で治ることも多いですが、慢性症状などの場合、治るまで多少時間がかかる場合があります。


える――体の調子を整えるため
 
 実は東洋医学の世界では「病気を予防する」ということも大事な要素として認識されており、それを「未病を治す」といいます。
 つまりなんとなく調子が悪く健康と病気の間の状態、未だ病気に至らない状態を指します。当院では60分治療の場合、全身をマッサージ指圧しながら体の調子を聞いたり、手の感触から鍼を打つ場所を探り、患者さんの体の調子を整えていきます。 特に何もなくても月に一度とか2週間おきなど定期的に来院される方も多く、地域の皆様の健康管理維持に少しでも貢献できれば幸いです。


――体を癒しリフレッシュするため

 「病は気から」といわれるように、大抵の病気はストレスが原因で起こるか、ストレスによって痛みが増幅されたりします。
 また痛みそのものも、体にとっては大きなストレスといえるのです。全身をマッサージ指圧し終わって「あ〜スッキリした」という状態になることは、体にとって大変にいいことで、まさにストレスが解消された状態なのです。
 また鍼やお灸も痛かったり熱かったりするものではなく、実はとても気持ちのいいもので、特に当院の温灸は好評を博しており、気持ちよくて寝てしまう人も多くいらっしゃいます。